従来訓の意味は?

あかねさす

あきづのに

あきにあらずとも

あきののの

あきまたずとも

あさなぎに

あまたよも

あまたよも

あまとぶや

あまなれや

あまのかはらに

あめつちの

あをなみに

いかきわたり

いきづきをらむ

いこぎわたり

いたたせりけむ1

いたたせりけむ2

いつかし

いつかしがもと

いなうしろ

いねてしかも

いのちををしみ

いへきかな

いへをもなをも

いもさねてしか

いもさねてしか

いらごのしまの

いらごのしまの

うちそを

うぢのみやこの

うつせみの

おしなべて

おほみやひとの

おもふそら

かぎろひのたつ

かくのみし

かくのみや

かくのみや

かはにむきたち

かへりみすれば

がもと

かりいほしおもほゆ

きみがそでふる

くしろつく

けふもかも

こが

このをかに

こひつつあらむ

こひやわたらむ

こもよ

さにぬりの

しきなべて

しめのゆき

しらくもに

すぐとはなしに

そらみつ

たなばたつめと

たなびくくもの

たなびくくもの

たふしのさきに

たまでさしかへ

たままきの

たまもかりはむ

たまもかります

たまもかるらむ

つきかたぶきぬ

なげくそら

なつますこ

なのらさね

なみたはつきぬ

なみにぬれ

にくくあらば

にほへるいもを

のぞみはたえぬ

のもりはみずや

のらめ

ひこほしは

ひさかたの

ひとづまゆゑに

ひむがしののに

ひれかたしき

ふくしもよ

まかいもがも

またまでの

みえて

みくさかりふき

みこもち

みぶくしもち

むらさきの

むらさきのゆき

やすけなくに

やすけなくに

やどれりし

やまとのくには

ゆふしほに

ゆふべにも

わがせ

わがせこが

わかれしときゆ

われこそば

われこそませ

われこそをれ

われこひめやも

をさをもがも

をぶねもがも

をみのおほきみ